戻る


○研究レポートは、No.100で終刊となりました。
 2008年12月より、新たな広報誌「北の森だより」を発行しております。

◆研究レポート
発行年月 タイトル名(著者名)
100 2008.03 台風による風倒被害が土壌呼吸に与える影響-2004年9月の台風18号による森林被害-(阪田匡司、酒井寿夫、相澤州平、宇都木玄、石塚成宏、酒井佳美、田中永晴)
99 2008.02 スズメバチの女王を不妊化する寄生線虫(佐山勝彦、小坂肇、牧野俊一(森林昆虫領域))
98 2008.01 高CO2環境下における樹木の光合成反応予測-水分条件の影響-(北尾光俊)
97 2007.11 レブンアツモリソウの保全生物学(河原孝行、山下直子(関西支所))
96 2007.10 トドマツの水食い材(松崎智徳)
95 2007. 9 在来のマルハナバチに脅威!-外来種セイヨウオオマルハナバチの野生化-(永光輝義)
94 2007. 3 ニホンテンによるスズメバチの巣の捕食(平川浩文、佐山勝彦)
93 2007. 2 樹木葉のCO2を吸収するための巧みな戦略(上村章)
92 2007. 1 CO2濃度の上昇がケヤマハンノキの成長に及ぼす影響(飛田博順)
91 2006.12 鳥の声を録音して、森にすむ鳥を調べる−森林性鳥類のモニタリングの可能性を探る−(松岡茂)
90 2006.11 林冠内の葉の分布には、どんな意味があるの?(宇都木玄)
 89 2006.10 温暖化による日本のブナ林への影響(松井哲哉、田中信行、垰田宏、八木橋勉(国際農林水産業研究センター))
88 2006. 3 世界自然遺産をどのように管理するか?(庄司康(北海道大学大学院農学研究科)八巻一成、駒木貴彰)
87 2006. 3 アシナガバチ社会の成り立ち−巣の中の血縁関係をさぐる−(佐山勝彦)
86 2006. 1 台風による風倒被害を受けた森林のCO2フラックス−2004年9月の台風18号による森林被害−
(北村兼三、山野井克己、中井裕一郎、鈴木覚
(気象環境研究領域)
85 2005.12 アカエゾマツは春先、一時的に低温害を受けやすくなる(北尾 光俊)
84 2005.10 幾寅天然林における択伐作業による林分被害について−望ましい択抜方式をめざして−(佐々木尚三)
83 2005. 7 空から見た風倒害−2004年台風が森林に遺した爪痕を探し求める−(鷹尾 元)
82 2005. 3
長伐期化に対応したカラマツ人工林収穫予想表(石橋 聡、鷹尾 元、橋 正義、猪瀬 光雄)
81 2005. 2 トドマツの凍裂−北海道各地の出現状況について−(松崎 智徳)
80 2005. 1 森林におけるCO2出入りの仕組みは複雑だ(宇都木 玄)
79 2004.11 上から下から測ったシベリアのカラマツ林(鷹尾 元)
78 2004. 8 DNAを調べてわかること−西日本のツキノワグマの歴史を探る−(石橋 靖幸)
77 2004. 7 氷河期の生き残り:ヤチカンバ(永光 輝義)
76 2004. 3 トドマツの仮道管長(松崎智徳)
75 2004. 3 乾燥ストレスが光合成に与える影響(北尾光俊)
74 2004. 2 森林土壌における温室効果ガス発生・吸収の実態(石塚 成宏、阪田 匡司、高橋 正通、田中 永晴)
73 2003.10 森林生態系の健全性評価手法(丸山 温,北尾光俊,飛田博順,山口岳広)
72 2003.10 北方系落葉広葉樹林における大気−森林間のCO交換量(中井裕一郎,北村兼三,鈴木覚)
71 2003. 8 樹洞内観察記録装置の開発−生物多様性の保全をめざして−(松岡茂)
70 2003. 8 定山渓森林理水試験地の水収支(北村兼三,中井裕一郎,鈴木覚)
69 2003. 4 自動撮影が切り開く新しい哺乳類研究のアプローチ(平川浩文)
68 2003. 3 アジア熱帯林における土壌COフラックスの空間依存性(石塚成宏,中島泰弘(農環研),米村正一郎(農環研),鶴田治雄(東京農工大),イスワンディ・アナス(ボゴール農科大),ダニエル・ムルディヤルソー(ボゴール農科大))
67 2003. 3 札幌周辺里山の植物の多様性にせまる(河原孝行・飯田滋生(海外研究領域派遣職員(JICA))
66 2003. 1 森林作業に利用するベースマシンの開発研究について−全方向移動車両TTM−(佐々木尚三)
65 2002.11 衛生画像で再現したロシア極東の森林撹乱の履歴(鷹尾元)
64 2002. 3 落葉広葉樹林における雪面からのCO放出量(鈴木 覚・中井裕一郎・北村兼三)
63 2002. 1 道東トドマツ造林地に発生した集団枯損(丸山温・尾崎研一・中井裕一郎・黒田慶子(関西支所)・坂本知己(気象環境研究領域)・福山研二(林野庁))
62 2001.12 SSRマーカーを用いたカラマツの連鎖地図作成と主要形態形質のQTLマッピング(河原孝行・永光輝義・松崎智徳・織部雄一郎)
61 2001. 9 ヤナギ類水紋病の研究−北海道における発生と発病機構の解明−(坂本泰明)
60 2001. 9 火山放出物未熟土に生育する北方造林樹種の地下部バイオマス(酒井佳美・高橋正通・松浦陽次郎・石塚成宏・田中永晴)
59 2001. 8 森林所有者の経営動向と今後の森林施策のあり方(駒木貴彰)
58 2001. 3 有珠山2000年噴火による森林被害の評価(阿部真・田内裕之・飯田滋生)
57 2001. 2 キツツキ営巣木の樹幹内部の特徴を知る試み−立ち木の木材の硬さを計る方法−(松岡茂)
56 2000.10 有珠山2000年噴火噴出物の化学性について(速報)(田中永晴・寺嶋智巳・白井知樹・鈴木覚・中井裕一郎)
55 2000.10 開放地と林床のクマイザサ群落の蒸散量(北村兼三・中井裕一郎・坂本知己・寺嶋智巳・白井知樹)
54 2000. 8 有珠山2000年噴火噴出物の透水性について(速報)(寺嶋智巳・白井知樹・鈴木覚・田中永晴・中井裕一郎)
53 2000. 8 札幌羊ヶ丘のウダイカンバ人工林に発生した腐朽・変色被害(山口岳広)
52 2000. 3 大雪山系針葉樹天然林における倒木更新(飯田滋生,阿部真,田内裕之)
51 2000. 1 森林空間の「自然らしさ」を保つために−利用体験の多様性に着目した計画手法の開発−(八巻一成)
50 1999.12 森林の小面積の伐採は,土壌動物にどのような影響を与えるのか(福山研二・松浦陽次郎)
49 1999. 5 トドマツの産地特性−直径,心材含水率,容積密度について−(松崎智徳)
48 1999. 3 森林流域から浮遊土砂はどのように出てくるか(坂本知己・寺嶋智巳・中井裕一郎・北村兼三・白井知樹)
47 1998.10 イチイ力タカイガラムシの防ぎ方−剪定や下草刈りは効果があるのか−(尾崎研一)
46 1998. 6 地球の炭素分布と森林土壌の炭素量(高橋正通・真田悦子)
45 1998. 2 樹木園の花便り(真田勝・坂上勉)
44 1997.11 北方系森林おける二酸化炭素固定量の推定(佐野真・石橋聡・小木和彦・白石則彦)
43 1997. 8 かわいい子には旅をさせろ−稚樹の分布に与える、母樹の影響−(福山研二)
42 1997. 5 「しおれにくさ」を指標とする北方産樹種の乾燥耐性(丸山温・北尾光俊・森茂太)
41 1997. 3 東シベリア、永久凍土連続分布帯における生態系の土壌特性(松浦陽次郎)
40 1997. 1 渓畔域におけるヤナギ類の分布と類型区分図との関係(佐野真・小木和彦・白石則彦・石橋聡)
39 1996.10 ヤブサメの繁殖生活(川路則友)
38 1996. 8 糞を食べる−ウサギ達の巧みな食生活(平川浩文)
37 1996. 7 平成5年の冷害は農林家にどのような影響を与えたか(天野智将・八巻一成)
36 1996. 3 ウダイカンバの樹皮色と心材率(田中京子・長坂壽俊・松崎智徳)
トドマツ産地による心材含水率のちがい(中村和子・松崎智徳・長坂壽俊)
北海道におけるトドマツの水食い材(中村和子・松崎智徳・今川一志・真田勝)
35 1996. 3 健全なホオノキ種子の選び方 他殖種子をより多く採る方法(中村和子・石田清)
ウダイカンバの皮目幅と心材率(田中京子・長坂壽俊・松崎智徳)
トドマツの産地による成長のちがい(中村和子・松崎智徳・長坂壽俊)
34 1996. 2 ミズナラの株の由来を調べてみれば(田中京子・長坂壽俊・中村和子)
正しい雨の濡れ方について(真田悦子・大友玲子・真田勝・金澤洋一)
33 1995.10 イヌエンジュの新病害−がんしゅ細菌病−(坂本泰明)
32 1995. 8 林内地表にみられる凹地形と凸地形の土壌水分および地温の比較(真田悦子・高橋正通・松浦陽次郎)
超音波測距器を用いた樹高測定(白石則彦)
31 1995. 3 幼齢造林地のクモ類の生態−クモを利用したアブラムシの被害軽減技術開発をめざして−(秋田米治)
30 1994. 7 新しい幹曲線式を利用したトドマツの細り表(猪瀬光雄・佐野真・石橋聡)
29 1993.12 新しい密度管理図を用いたトドマツの収穫予想表(猪瀬光雄・佐野真・石橋聡)
28 1991.10 ユキザサの裁培(柴田彌生)
27 1991.10 全天写真を利用した簡便な林内気温の推定法(齋藤武史)
26 1991. 7 トドマツの林分密度管理指針(猪瀬光雄・佐野真・小木和彦・眞邉昭)
25 1991. 3 落葉広葉樹の光の利用の仕方−光合成特性−(小池孝良)
24 1990. 6 トドマツ造林木の幹型と立木幹材積表(小木和彦・猪瀬光雄・佐野真・眞邉昭)
23 1990. 3 森林病虫獣の発生と被害を防ぐために〜北海道における発生情報の収集・記録と解析〜(小泉力)
22 1989.12 トドマツ造林地の放牧試験(柴田弥生・馬場強逸・高畑滋・中田功・横山長蔵・毛利勝四郎)
21 1989.12 シラカンバ、ヤチダモ、ミズナラ苗木の重量成長特性(藤村好子)
20 1989.12 カンバ類の林分密度管理図〈暫定〉(猪瀬光雄・小木和彦・佐野真)
19 1988. 3 天然林の林冠構造−その実態と施業後の構造−(岸田昭雄・向出弘正・中村和子)
18 1988. 2 山地斜面の安定度評価とその保全対策(遠藤泰造)
17 1987.10 トドマツ枝枯病被害危険地帯区分図(吉武孝)
16 1987. 3 土地利用の相違による土壌水分の変化(清水晃)
15 1987. 3 風害等の林冠破壊による土壌の変化(塩崎正雄)
14 1987. 2 力ラマツ林分の本数密度と年輪幅(猪瀬光雄)
13 1986.11 貯水能を考慮した山地流域の最大流量の略算式(遠藤泰造)
◆新技術情報
12 1985. 8 トドマツ林分の本数密度と年輪幅(猪瀬光雄)
11 1984. 6 林業経営における超小型コンピュータの利用(向出弘正)
10 1984. 1 北海道ササ分布図(豊岡洪・佐藤明・石塚森吉)
  1983. 9 ノウサギの生息数調査法(柴田義春)
  1983. 6 公園緑地の土壌と樹木の生長(真田勝)
  1983. 3 移植と苗木の生理(高橋邦秀)
  1983. 1 北海道積雪分布図(平均最深)(増田久夫)
  1982. 3 密度管理図の適合度の改善(真辺昭)
  1981. 3 トドマツ苗の凍結温度による晩霜被害率の推定(坂上幸雄・藤村好子)
  1979. 4 トドマツオオアブラの総合防除(高井正利・古田公人)
  1979. 3 林業地帯における月平均気温推定法(増田久夫)
  1978.10 菌害防除による更新法(遠藤克昭)